ライターブログ

心揺さぶられる出来事が起きたとき、最初にやっていること

投稿日:

キューイスト公式ライターのRuiです。

今日で5月も終わりですが、
みなさんにとってこの5月はどんな1ヶ月でしたでしょうか?

じぶんノートを書いている方は、
ぜひこの1ヶ月のじぶんノートを振り返ってみてくださいね♡

 

 

さて、本日のブログタイトルについてですが、

心揺さぶられる出来事が起きたとき、
このブログを読んでいるみなさんはどんな行動を取りますか?

  • 周りの人に話を聞いてもらう
  • 好きなことをして気分転換をする
  • とりあえず寝る(そして忘れる)

などなど・・・

人それぞれ行動が異なるかと思いますが、
私たちキューイストは、

「じぶんノートに今の感情をドバーッと吐き出す」

まず最初にこれをします。

 

 

じぶんノートとは、
日々の心の声(感情)を書き残す「感情ノート」のことです。

じぶんノート・基本の3ステップはこちら♡

  1. 感情を吐き出す
  2. 共感・寄り添う
  3. 望む方向に意識を向ける

こはらみきさんの著書『お姫さま練習ノート』と同じノート術で、

基本の3ステップの詳細は下記動画をご参照ください^^

 

 

ちなみに過去の私は、
心揺さぶられる出来事が起きると、

「ねーねー聞いてよー!!」と周りの人(家族や恋人など)に話を聞いてもらうことが多かったのですが、

この場合、自分が求めている反応が返ってこない可能性があるんですよね。

例えば、

「もっとこうしたら?」
「それって○○なんじゃない?」

などなど・・・

その人は自分のことを想ってアドバイスをしてくれるのですが、

「たしかにそうだけど・・・」
「それはわかっているけど・・・」

こんな風に、何だかモヤッとしたことありませんか?
(私はよくありました^^;)

 

 

心揺さぶられる出来事が起きたとき、
私たちが求めていること、それは・・・

 

「話を聞いてほしい」

 

ただそれだけなんですよね。

 

 

「うんうん、そういうことがあったんだね」
「たしかにそれは辛いよね」
「そんなことが起きたら誰だって心揺さぶられるよ」

そんな風に、

ただ話を聞いてくれるだけで、
心がすーっと安心感で包まれませんか?

心が揺さぶられている段階で
前向きな捉え方をしようとしても、

なかなか受け入れられない><

つまりは、無理やりポジティブになってしまいます。

 

 

また周りの人に話を聞いてもらう場合、
その人に話を聞いてもらうまでの間がずっと苦しいまま・・・

だからこそ、私たちキューイストそしてライフデザイン講座卒業生は、

じぶんノートに感情を吐き出し、
(ステップ1)

じぶん執事に思いっきり話を聞いてもらいます。
(ステップ2)

そして心が落ち着いたり、穏やかな気持ちになったら、

望む方向に意識を向ける・・・
(ステップ3)

 

 

ただここでひとつお伝えしたいことは、
はじめから上手くできた人は一人もいないということ。

『お姫さま練習ノート』という本のタイトルにもある通り、

練習を積み重ねた(日々ノートを書き続けた)ことで、
自分の気持ちをキャッチできるようになり、

自分の気持ちをキャッチできるようになったことで、
自分で自分の望む方向に意識を向けられるようになりました。

 

 

私たちキューイストは、
自分で自分の幸せを作り出す「プロ」です。

そして、
じぶんノートを使いこなす「プロ」でもあります。

なのでもし、

  • この書き方で合っているかな?
  • こういう場合はどう書けば良いんだろう?
  • じぶんノート、書き続けられるかな?

などなど・・・

そんな気持ちを抱いていたら、
ぜひ私たちキューイストを頼ってください♡

 

 

私たちキューイストは、
じぶんノートの詳しい書き方をお伝えするじぶんノートお茶会を全国で開催しています。

現在開催中のじぶんノートお茶会につきましては、キューイスト公式サイト「ご提供メニュー」のページをご覧ください^^

-ライターブログ

Copyright© キューイストプロジェクト , 2021 All Rights Reserved.